お名前
メールアドレス

送信後画面が切り替わります。

このご時世、稼げる時に稼がないのは非常にナンセンスな行為です。
稼げるときに稼がなければ、財産を掴むことなどできません。

あなたは知るべきなんです。
あなたが、自分の財産を、いままで誰かに奪われ続けてきたことを。

あなたは取り戻すべきなんです。
あなたの持つはずだった、財を、富を、円を、ドルを、ユーロを。
何も知らず、何も攻めずに、失った財産を取り戻すことなどできません。

私は多数のビジネスを行っていますが、このビジネス、
このノウハウにはどこまでも続く未来があります。
このビジネスは、誰もが失ってしまった自分のお金を取り戻し、更に増やせる方法です。
自分のお金を取り戻し、更に増やして稼ぎ出す。

もとより出来たはずのこと。やらない理由はありますか?


欲しい車や欲しい服、欲しい全ての欲求に、あなたの貯金と給料は、しっかり応えてくれますか?

お金がないから楽しめないし、お金がないから手に入らない。
そんなこと、ありませんか?

世間からしたらお前みたいな若造が!!
なんて言われるかもしれませんが、
あなたがもし、この1年で10年分の稼ぎを手に入れたいなら、私の話を聞いてください。

「クソガキがふざけたことを!」
そんなふうに思われるのであれば、この先はお読みにならなくて結構です。

でも、聞くだけは聞いてやる。
そう思ってくださるのでしたら、どうか私の話を聞いて下さい。

そもそも、あなたは今なぜ?どうして?
このサイトを御覧になられているのですか?

あなたは今、お金、欲しいですよね。
お金がなければ、欲しいでしょうね。
失ったものは取り戻したくなるんです。

自分が本当は受け取るはずだった1000万円というお金。
取り戻したくはありませんか?

少しだけ自分の話をさせてください。

僕はもともと無一文でした。

当時、26歳・無職の僕が、稼ぐきっかけを掴めたのは、私が尊敬する、師匠と出会ったからです。
師匠は私より7歳も年下で、当時19歳の少年でした。

そりゃあ、いい大人が7歳も年下の少年に頭を下げるなんて、屈辱的でしたし、情けなかったです。
偉そうに講釈をされては「このクソガキが!!」と思ったものでした。

でも師匠は、こんな馬鹿だった僕を、確かに稼げる男へと変えてくれたんです。
今こうして、お金とチカラに溢れた生活をしていられるのも、師匠のおかげなんです。

師匠から授かったこの「稼ぐチカラ」。

この「稼ぐチカラ」を、皆さんにも是非、掴んでもらいたい。

そう思って今、この文章を書いています。

稼ぐきっかけなんて、なんでも良いんです。

人にはそれぞれ、得意不得意がある訳で、
苦手分野はできる人から教わり、自分のモノにしてしまえば良いだけの話です。

そもそも、お金という存在はただの「ツール」です。
お金は、何かと何かを交換したい時、それを代行してくれる「仮の物体」に過ぎません。
その程度のものをかき集めるのに、プライドなんて必要ないんです。

でも、そんな程度のものをかき集めるのに、みんな、必死になったり、うそぶいたりする。

つまらないし、ダサいですよね?
そんな生き方していても。

僕は、言わせていただきます。
これだけは、言わせていただきます。

この文章を読んでいただいているあなたが

例え、人生の先輩であっても
例え、とてつもない高学歴でも
例え、むかしむかし大きく稼いでいたとしても

これだけは、ハッキリ言わせていただきます。

お金を稼ぐという行為に対して、過去の経歴なんて、ゴミくず同然なんです。



わりと少ないでしょうか? 意外に多いと思われましたか?

もし、まあまああるじゃないか。
そう思っていただけるのでしたら、申し上げます。

この程度、誰でも達成できるんです。
本当は、誰でも稼げるものなんです。

ご存知の通り、これは私が知らず知らずに失ったお金なんです。
これを取り戻し、稼ぐ方法を知った僕は、色んな事ができるようになりました。

そしてこれはあなたにも、間違いなくできることなんです。

いつまでにお金が欲しいから。必要だから。
そう思った時に、その都度、欲しい分だけ稼いで生きる。
そんなスタイルで生きましょう。

そうやって生きていいんです。
そんな都合がいい話でいいんです。

稼げていない人たちは、稼げている人たちから、
美味しい話は嘘ばかり、ありもしない話だと、
そう思い込まされてきただけなんです。

これでも不安があるのなら、僕が必ずサポートします。

バックアップを行います。足りない全てを補います。

たった3ヶ月でいいんです。

あなたに取り戻し、そして増やして欲しいんです。
これから稼ぐ1000万。
本来あなたが最初から、持っていたものなんですよ。












お名前
メールアドレス

送信後画面が切り替わります。

どれだけ貯蓄が出来ますか?

キレイ事など無しにして、お金を稼いでみることに
本気なって貪欲に、トライをしてはみませんか?

あなたが本気になるのなら、私はあなたを見捨てません。

僕がどうして稼げたか?
ここまでお金お金と貪欲に、ここまでチカラを持てたのか?

恐縮ですが簡単に、自己紹介などさせていただきます。



僕はいわゆる野球少年で、小中高と野球しかやってきませんでした。

当時の夢は、勿論プロ野球選手になること。
白球を追いかけ、1億円プレイヤーになること。

それが僕の夢でした。

練習の甲斐あって、高校受験では野球強豪校に推薦枠で入る事が出来ました。
そして2年の春と3年の夏、レギュラーとして甲子園に出場。ベスト8の成績も残し、ドラフト候補にも名前をあげられました。

甲子園のバッターボックスに立てたことは、今でも忘れられない思い出です。
それ故に、周囲の人たちからは「小次郎くん、やっぱりプロ野球選手になるんだよね?」
と、そう言われてきたんです。

サインを求めるファンからも声を掛けられ、自分でも、その気になっていたんです。

ところが現実はそう甘くありませんでした。
結局どの球団も手を上げず、各球団のトライアウトに参加しても不合格。僕は人生最大の挫折と絶望、その両方を経験したのです。

いままで野球野球の人生でしたから、高校を卒業した後に残された道は、就職することしかありませんでした。運良く地元の運送系企業に倉庫内軽作業員の管理として採用されたものの、僕は気持ちの切り替えが出来ないまま、身の入らない仕事を重ねてしまい、結局3ヶ月で辞めてしまいました。










それからは毎日家でゴロゴロ、やりたいこともなくニート生活を4年半…。

その頃、僕は23歳になっていました。

当然ながら毎日母親には「就職しろ!」「なんでもいいから働け!」などと口煩く言われ、そのうち家の中にも居場所がなくなってきました。追い込まれた僕は、苦し紛れに近所の牛丼屋でアルバイトを始めたんです。

勿論、同級生なんかも食べに来たりするわけで、ある時来店した同じ野球部の同級生に、

「お前プロ野球選手になったんじゃねーの?(笑)」
「2軍にも入れなかった奴は牛丼屋で野球の練習するのか?(笑)」

などとバカにされ、1ヶ月足らずで辞めてしまいました。

“なんとかあいつらを見返してやりたい!”

悔しくて悔しくてたまらなかった僕は、高収入が得られる仕事がないか、探しに探しました。
しかしそんな都合のいい仕事などなく、何でもいいからと妥協してみた仕事でも、ポッキリ折れた心のせいか、面接を受けても連戦連敗。

もはや野球以外、なんのスキルもない自分を雇ってくれるところすらない状態になっていました。
そんな折、テレビなどでよく、インターネットビジネスで成功している若者が度々取り上げられていました。彼らが過ごす、毎晩のゴージャスな生活を垣間見て、僕は思ったんです。










直感的に「これだ!!!」と。

思い立ったが吉日。
僕は、すぐにそのインターネットビジネスとやらを調べ、その中でも、当時流行っていた、アフィリエイトというものをやってみることにしました。

そこで謳われていたキャッチフレーズ「月収300万円」と言う言葉を信じ、無我夢中で飛び込んだんです。実際にやってみると、色々なことがわかってきました。

まず、3ヶ月で合計1200万円を稼ぐことができました。
次に、それは自分が努力を続けることで、更に稼ぎを増やすこともできるということでした。

しかし、インターネットの収入などあぶく銭だと考える両親からは、そんなものは仕事じゃない、地に足をつけて働け、働け、と毎日言われ続けていました。

これらの手法をまっとうなビジネスだと考えていた自分には、この環境はとても息苦しいものでした。
自由になれるだけのお金を手に入れてしまった僕には、もはや耐え難い状況だったんです。

そうして僕は、東京で仕事が見つかったと嘘を付いて上京し、本格的にアフィリエイターとして活動していくことになったのです。

以来、月収400万円以上、年収5000万円を達成することできました。

これを機に、更に沢山のビジネスへ挑戦し、沢山失敗も繰り返しましたが現在の
月収総額2600万円までたどり着くことが出来たのです。

肉体、特に野球でしか使えないような体しか自慢のない、社会不適合な人間でも、ここまでたどり着けたのです。


あなたなら、きっと僕よりもはやく、成功のホームベースを踏むことが可能だと思います。

お名前
メールアドレス

送信後画面が切り替わります。


TOP